ワキガ・多汗症の対策から治療法などをご紹介!

カウンセリングの重要性

ワキガの発生率が低いと言われている日本ですが、遺伝によるワキガ体質保有者が、欧米化した食事をとる事などの原因により、ワキガに悩む人が増えました。

 

それに伴って、ワキガ治療を行っているクリニック・美容外科が増えています。
しかし中には、ワキガ・多汗症に悩む人の気持ちも理解せず、知識も技術もない医師が治療している場合が、少なくありません。

 

多くのクリニック・美容外科がある中で、十分な治療をしてくれるのか、自分と合う病院・医師なのかどうかをきちんと判断してください。
それには手術をする前に、必ずカウンセリングを受けて、ポイントをチェックする事を怠らないでください。

 

カウンセリングで、その病院・医師の多くのことがわかります。
その病院・医師のワキガ・多汗症に対する考え方、患者さんの悩みをなんとか解消させてあげようとする熱意、多くのワキガ治療方法のうち得意とする手術方法、医師との相性、アフターケアは充実しているか、治療内容に応じた適正費用か、医療スタッフの対応、病院内が清潔かどうかなどです。

 

ワキガ・多汗症における治療法はさまざまで、そのクリニックではその治療法に専通しているのかどうかをしっかり見極めることが、大切なことの一つです。
治療方法がどういう方法で行われるのか、完全に理解できるまで、カウンセリングで何度でも質問して下さい。

 

実際にカウンセリングを受けば、その病院の雰囲気や医師が信頼できるかわかると思います。 
もしかしたら、あなたのワキガは実はワキガ手術するほどではないのかもしれませんし、本当は臭いなどなくて自分でニオイがすると思い込んでいる(自己臭恐怖症)だけの場合もあります。

 

特に、ワキガ手術の内容が自分が考えていた方法と違った、ワキガ手術の痕が消えない、再発してもアフターケアがない、手術後に法外な追加料金をとられたなどトラブルが後を絶たないようです。

 

カウンセリングは、医師と患者が信頼関係を築き対等に話し合える場だと思います。
じっくりとワキガ・多汗症の悩みを聞いてくれて、納得のいく説明をしてくれるかどうかを見極めて下さい。
十分な説明もなく治療を始めようとする病院・クリニックには注意してください。

 

また、1日でもワキガ臭から解消されたい気持ちはわかりますが、すぐに手術を要求したりするのは絶対ダメです。
あせらず時間をかけてでも、このカウンセリングによって、その病院・クリニックの姿勢を知ることが大切で、自分で信頼できる病院・医師と出会うまで慎重に選ぶことが必要です。
手術が始まってしまえば、医師に身を委ねるしかないわけですからね。

カウンセリングの重要性関連エントリー