ワキガ・多汗症の対策から治療法などをご紹介!

手術費用の確認A

ワキガ・多汗症のすべての治療を、自由診療の範囲ですると費用は高額になりがちです。
(症状によっては、一部を保険診療、残りを自由診療とする病院・クリニックもあります)

 

ワキガ手術の方法、内容(どれくらいまで軽減するか)によって、手術費用は大きく変わりますが、通常の専門クリニックを調べてみると、15万円〜40万円くらいまでが相場のようですね。

 

最新のレーザー法や特殊な医療機器を使う治療・手術ではやはり手術費用が高くつく傾向にあります。

 

クリニックによって、治療・手術方法だけ選択すれば、ワキガの程度に関係なく一律料金のところもありますし、試験的にほんの一部を切開して、アポクリン汗腺の状態を目で見たうえで、手術をするかしないかを選択できる病院など、いろいろなところがあります。

 

また、治療回数による料金制やワキガの症状の強さや範囲などにより手術費用が上乗せされる場合、アフターケアなどで別料金がかかる場合もありますから、しっかりとしたカウンセリングを行っている病院、クリニックを選ぶようにしましょう。

 

初めはワキガ専門のクリニックなどでカウンセリングをして、ワキガ手術が必要と言われた場合に、保険が利く大学病院などで手術を行えば、費用を低く抑えることができる場合もありますから、予備知識として覚えておいて下さい。

 

しかしながら、実際クリニックの手術現場でどんなことが行われているのかは、なかなか判りません。
疑いだすとキリがありませんが、利益優先に走るクリニックなどに当たって、言葉巧みな説明を受け、勧められるままに、治療をうけたら法外な金額になったという話は、数多くあります。

 

ワキガ手術の方法はどこでも昔から行われている方法なのに、○○○法と名称だけ変えて、さも独自に開発した最新治療であるかのように表現して、高額な費用を請求するクリニックもあるようです。

 

あるクリニックのサイトでは、いつ見ても「開院○年につき、料金割引キャンペーン中」とPRしているのをみますが、個人的には信用できるクリックだとは思えません。
ワキガ手術をうける側としては、悩みを解決したい思いで頭がいっぱいですから、心理的な弱みにつけ込む悪徳医がいることも忘れないでください。

 

このような詐欺に近い、治療を受けることのないようにするためにも、できるだけ複数の病院・クリニックのカウンセリングを受けてから、病院・医師を選ぶようにして下さい。

 

大切なことは、ワキガ手術を受ける前に、これ以上掛かることないという費用を、明らかにしてもらうことです。

 

カウンセリングで詳細説明を求めても曖昧だったり、概算でしか手術の費用を教えてもらえないようなクリニックでは、手術を受けるのは避けたほうがいいと思います。

手術費用の確認A関連エントリー