ワキガ・多汗症の対策から治療法などをご紹介!

医師の信頼性@

ワキガ手術の病院選びのポイントとして、病院名の評判はひとつの選択項目になりますが、病院の名前が知られていれば、ワキガ手術に優れているというわけでは、当然ありません。

 

病院が手術するのではなく、ただひとりの医師がワキガ手術をしてくれるわけですからね。

 

病院・クリニックで受ける医療というのは、基本的には患者と医師の1対1の関係です。

 

伝統のある大きな大学病院であっても、開院したばかりの小さなクリニックであっても、医師との会話(カウンセリング)から始まって、徐々に信頼関係を築いていきます。

 

カウンセリングで、信頼できそうにない医師だとわかれば、大事な体を(ワキガ・多汗症手術に)預けることはできませんよね。

 

ワキガ手術は「あの先生」「この先生」にしてもらうのであって、「あの病院」「この病院」が手術をしてくれるわけではないのです。

 

ですから、ワキガや多汗症のことを相談に行ったときでも、以前と担当の先生が変わったり、院長は有名で評判は良くても、事前の説明もなく担当医の入れ替わりあったりする場合には、そこの病院でのワキガ手術は、検討し直す方がよいかもしれません。

 

それでは、患者の悩みを自分のことのように心配してくれて、ワキガ治療技術も確かな医師を、どのように探したらよいでしょうか?

 

それには、患者自身がいくつもの病院・クリニックを訪ね、自分の目と心で多くの医師とカウンセリングをして探すことになります。

 

ワキガ治療のできる病院・クリニックといってもたくさんあり、しらみつぶしに病院回りはできませんから、あらかじめ何らかの情報でピックアップしておかなければいけませんが、訪ねた病院では、医師からの質問にただ答えるだけではなく、こちらからもどんどん質問して、その医師を逆に面接してあげましょう。

 

双方が面接しあうことで、相手のワキガ治療に対する考え方や、医師との相性もわかるようになります。

 

医師との相性も大切な選択ポイントと言え、たとえ世間の評判がよくて家族が薦める医師だとしても、相性が合わない医師では、信頼して治療を受けることができず、トラブルの元にもなりかねません。

 

どの病院・クリニックでもカウンセリング(有料のところもあります)を行っていますので、これを積極的に利用してより多くの医師とカウンセリング(面接)するようにします。

 

実際のワキガ治療をするしないにかかわらず「相談だけ」でもしてみましょう。

医師の信頼性@関連エントリー